「ENEOSでんき」特典

電力自由化のデメリットは?

2016年4月に始まった電力自由化で業間競争により料金が安くなったとしても解約料を含めたらかえって高くなった、契約トラブルが格段に増えた、契約が面倒になった、年数縛りが厄介という、価格競争により料金が高くなることも考えられます。

契約時に年縛りがある

契約時に契約してからすぐに解除できないように、年縛りがあることです。電力自由化で、電力会社を従来の大手電力会社から切り替えて、新しい切替先の電気事業者のサービスに不満を感じたら、また元の従来の大手電力会社に戻ることはできます。

しかし、契約時に契約してからすぐに解除できないように、年縛りを設定している電気事業者もあります。解約料を含めたら逆に高くつく場合もあるので電気事業者の切替はきちんと考えてからした方がよいと思います。



料金プランの複雑化で理解に苦しむ!

ただでさえ、電気料金の計算方法は複雑です。新電力自由化が注目されるようになってから、電気料金について意識し始めた人も多いかと思います。電気事業者は安さを全面的に売りにしていますが、実は従来の大手電力会社を利用していた方が安かった!と思う場合もあるので、新しい電気会社に切り替える時は、きちんと考えてからの方がよいでしょう。

電気供給安定化への不安?

新たな電気事業者のなかには、電力業界の経験やノウハウのない事業者もいると思います。そうなると、停電問題、想像もしていない事故が発生した時や倒産してしまった時にどうなるのかと不安に思うことがあります。この様な点についても、あらかじめ調べておくと良いでしょう。

電気料金がアップする可能性もあり

今までは「電気事業法」によって規制が行われていたので大幅な電気代の値上がりはありませんでした。しかし、自由化によって価格設定も電気事業者が自由にできるようになりありがたい部分もありますが、電気代が値上がりした時に規制する手段がないともいえます。

新たな電気事業者のなかには、電力業界の経験やノウハウのない事業者もいて、いざ電気供給をスタートさせたら想定以上にコストがかかってしまい、電気料金の見直しを迫られる場合もあります。そうした場合、電気代がアップする可能性があります。

これらのデメリットな部分を避けるために、新たな電気事業者に切り替える場合は、しっかり勉強してから乗り換えましょう!

ENEOSでんき」に興味のある方はコチラからどうぞ!

 

サイトマップ

ひまわり証券でFXを